イメージ画像

宗教者平和大使フォーラム

目的

UPFが主催する国内外の会議に参加した宗教指導者の懇談会を母体として、宗教者平和大使協議会(宗教者平和大使フォーラム)を発足。定例の超宗教フォーラムを開催してきた。

宗教指導者の対話と共働を通して宗教伝統間の対話促進と宗教和合による宗教連合の構築を目指す。また、UPFの理念である平和国連における超宗教議会のモデルを提示することを目的とする。
 

活動内容

  1. 超宗教フォーラム開催…UPFの理念と活動報告、懇談
    interfaith03
  2. 特別講演会の開催…世界からの宗教指導者を迎えて
    interfaith01   interfaith02
    2008年4月|『ユダヤから見た世界』
    講師:ハイム・ラヴィノウィッチ氏
                      (ヘブライ大学学長)
      2010年5月|『宗教間対話と祈り』
    講師:アブドゥル・ガビール・アザッド師
       (パキスタンのグランド・イマーム)
  3. 理念セミナー開催
     

今後の展望

  1. 平和大使運動の推進に貢献する。地方レベルのフォーラムへの協力
  2. UPFが主導する家庭再建運動の推進に参加、協力する
  3. 信教の自由を擁護する活動をサポートする 
     

事務局

代表者 : 美原 道輝 会長(曹洞宗僧侶)

事務局長: 畠山 憲太郎