記事の詳細

 3月8日、東京都渋谷区で「青少年健全育成と美しい家庭をつくるラリー in 渋谷」(共催:南東京平和大使協議会など)が行われ、平和大使や中高生など約100人が参加しました。渋谷区議会議員らが激励の辞を述べた後、2人の高校生が「良心に従い、貞節と純潔を守ります」と力強く「ピュアラブ宣言」を行いました。

 その後、参加者は宮下公園に移動し、「STOP!有害サイト」、「家庭は心のオアシス:未来の子供たちを守ろう」などのプラカードを片手に、「結婚まで純潔を守ろう」、「有害情報から青少年を守ろう」などと訴えながら、多くの人で賑わう週末の渋谷駅界隈を約30分間行進しました。

関連記事

ページ上部へ戻る

検索

ページ上部へ戻る