記事の詳細

UPF-Japanなどが主催する「国際指導者会議(ILC)2016 in Japan」の専門家セッションが11月16日、東京都内のホテルで開催された。同セッションには、国外のゲストや外交官をはじめ、学術、宗教、NGO、メディア、青年リーダーなど各界の専門家、有識者、平和大使ら、のべ600人が参加した。
 
同会議は「激動する世界と日本の選択」を全体テーマに、4つのセッションで構成され、「日米関係」「日ロ関係」「中東和平と日本の関与について」、さらには「日本の将来を担う若者の役割」など広範な内容が議論された。
 
※当日の開催レポートはこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る

検索

ページ上部へ戻る