宮城県平和大使協議会などが主催 100人以上が参加

宮城県仙台市で6月18日、「日本の平和と幸福は家庭から」をテーマに、街頭ラリー&マーチ(共催:宮城県平和大使協議会など)が行われ、同県内在住の平和大使など約110人が参加しました。

集合場所の元鍛冶丁公園で出発前の集会を行い、2人の県議が激励のあいさつをした後、参加者は近くのアーケード街に移動し、「家族の絆を大切にしよう」「日本の平和は家庭から」「夫婦円満」「子供たちは未来の宝」と書かれた横断幕やのぼりを手に、家庭の価値の重要性や親孝行の大切さなどを街行く人に、力強く呼びかけました。あいにく、雨が降る中での開催でしたが、途中、趣旨に賛同した通行人2人が飛び込みで行進に加わるなど、地域に広がりをもたらす有意義なイベントとなりました。