多文化交流フェスティバル in TOKYO 2019開催

東京都新宿区の四谷区民ホールで11月4日、「多文化交流フェスティバル in TOKYO 2019~はじめよう!国際交流 つなげよう!世界の絆~」(主催:同実行委員会、協力:UPF-Japanなど)が開催されました。今年で5回目の開催となった今回のイベントは、新宿区や18カ国の大使館の後援を受け、約500人が訪れました。

フェスティバルは「スモールワールドひろば」「多文化交流ステージ」の2つのパートで構成されました。

オープニング・セレモニーでは水野達夫実行委員長(元ネパール大使=写真下)が、「令和」について触れながら、来場された外国人の皆さんに「日本人にとり、元号、天皇制というものが、単なる形式やセレモニーに留まらず、民族の心のよりどころ、統合の象徴となっていることをこの機にご理解いただければ幸いです」とあいさつしました。

「多文化交流ステージ」で行われた日韓友好スピーチでは、日本人の父と韓国人の母をもつ大学生が韓国の赤十字と協力して行った高齢者へのボランティアの感想を述べました(=写真下)。「私たち日本人が真摯に韓国人のかたと向き合い、友達や兄弟のように握手をすればすべてが変わっていくと思います」と力強く発信しました。

また、国際結婚をした2人の青年が「環境問題」と「新しい文化」について彼ら自身が実際に行っている活動を紹介し、多文化共生社会の実現に向けての提言を行いました。

最後には会場全体で、国際交流を推進することを通して、家族のように互いを理解し、愛し、尊重していくという「One Global Family宣言」を共有する時間を持ちました。

このほか、「スモールワールドひろば」では、世界各国の人々と交流できる「あいさつスタンプラリー」や、大使館やNPO団体、在留外国人のグループを含む16団体が各国の紹介や団体紹介、物品販売を行い、参加者が多くの国の人と出会う国際交流の場となりました。