2020年新潟県平和大使協議会総会で梶栗会長が講演

新潟市内の会場で1月11日、「2020年新潟県平和大使協議会総会」が開催され、県議会議員、市議会議員など約400人が参加しました(=写真下)。

崔俸準・同協議会会長の主催者あいさつに続き、UPF-Japanの梶栗正義会長が「世界と日本で展開する平和大使運動」をテーマに記念講演を行いました(=写真上)。

梶栗会長は冒頭、同日に投票が行われていた台湾の総統選などに触れ、激動する国際情勢について概観。その上で、内外の課題を解決し日本と世界の平和構築に寄与するために平和大使運動が掲げる「One Family under God(神の下の一家族)」のビジョンと、と3つのゴール(①「平和国連」のモデルを形成する②日米韓を基軸としてアジア太平洋地域の平和と繁栄に貢献する③平和理想家庭の価値と為に生きる「奉仕の文化」を定着させる)について説明しました。

特に、現在、日本が直面する最大の危機が少子化による人口減少であることを指摘。状況の改善には親が子供を養育するための健全な環境を整備していくことが喫緊の課題であると強調しました。

そして、こうした問題の解決に向け、平和大使協議会が展開している「人づくり、家庭づくり、国づくり国民運動」を説明。具体的には、全国的に家庭教育支援条例の制定や、結婚文化を醸成するための取り組みを紹介しながら、こうした運動への積極参加を呼びかけました。

記念講演後の総会では、事務局から昨年度の活動と新年度の活動計画案が示されました。また、今回、議長の交代が発表され、退任する議長に対して功労賞が贈られました。