長崎県平和大使協議会ボウリング大会

長崎県平和大使協議会の主催するボウリング大会が6月28日、長崎市内で行われ、県議・市議・会社経営者など各界の平和大使など約60人が参加しました。

大会には小学生から90才まで幅広い世代が参加。世代間の交流を促進するため、同世代が固まらないようにチームを編成。参加者はコロナ禍の中で溜まったストレスを発散するとともに、世代間の壁を超え、和気あいあいとした雰囲気の中で、心地よい汗を流しました。

また昨今、青年平和大使は県内の平和大使の協力を得て、福祉施設や老人会に手作りマスクを寄贈したり、平和大使を招いての勉強会したりするなど、精力的に活動を行っていますが、青年平和大使はこの日、活動に加え、平和大使とともにボウリングをすることを通して、さらに交流を深める機会となりました。

閉会式では、平和大使から提供された食料品、菓子、手作りフラワーアートなどが優勝チームなどに賞品として授与されました。