WCLC創立1周年記念「希望前進大会」開催

UPFの韓鶴子総裁の提唱によって創設された世界キリスト教聖職者協議会(WCLC)が創立1周年を迎えるにあたり、6日午前、WCLCとUPFの共同主催で「希望前進大会」(オンライン形式)が開催されました。オンライン形式で行われた大会には、世界194カ国からキリスト教聖職者をはじめ他宗教の指導者、政治家、学者など各界から1万人余りが参加しました。

「コロナ不安」が世界の人々の心を覆う中、世界各国の宗教指導者らは宗教団体と教派を超えて、コロナの収束と世界平和を祈願するために声を一つに合わせました。

この日、特別講演を行った韓総裁(=写真下)は、WCLC創立1周年を迎え、世界の聖職者たちはこの時代の義人だと強調。一方、大統領選で社会の分断が深刻化している米国について、「米国は建国時の初心に返らなければならない。神様が離れる国になってはならない」と述べ、米国がキリスト教精神を取り戻し、一つにならなければならないと訴えました。

WCLCはキリスト教聖職者を中心に、超宗教・超教派・超人種・超国家を謳う平和を求める宗教者の協議会として、2019年12月に創設されました。米ニュージャージー州ニューアークで行われた創設大会には、キリスト教聖職者と信徒ら約3万人が参加。

現在、米国のほかに日本、英国、カナダ、パラグアイ、ドミニカ共和国、アフリカなど30カ国余りで活動しています。

この日、大会に参加した各国の主要宗教の指導者は、紛争と葛藤、混乱の渦中において、宗教間の対話と協力の重要性を共有しました。

葛藤と分断が進む世界で宗教者の果たす役割について訴える宗教指導者(写真上、左上から時計回りにホワイト牧師、フェリックス枢機卿、フェドロフ大主教、セリ大主教、ジョーンズ牧師、ラウスACLC共同委員長)

米キリスト教福音派の牧師で、トランプ政権で大統領宗教特別顧問を務めたポーラ・ホワイト師は、基調演説で「聖職者である私たちは、神の愛を実践することで世界の国と国民を神の懐に導かなければならない」と述べました。

ドミニカのカルバン・フェリックス枢機卿は、「人類の生存を脅かす飢餓、不正腐敗、家庭破綻、葛藤などが蔓延している今、これを解決するためには宗教指導者たちの知恵と愛がいつにも増して必要だ」と語りました。

ロシア正教会ウラジーミル・フェドロフ大司教は「新型コロナウイルスの大流行、テロ、自然災害、人的災害など人類を脅かす国際的危機に対処するために、世界の人々は国境を超えて宗教、政治、文化の各領域で協力しあわなければならないと感じている」と述べました。

ルオン・ラウス米聖職者協議会(ACLC)共同委員長は「2020年は本当に難しい1年だった。愛する人たちを失い、政治的に不安定で、人間関係が疎遠になる年だった」としながら、「共に団結を誓い合う私たち宗教者は、全人類を共生・共栄・共栄の世界へ導いていかなければならない。世界のために神の民が団結しよう」と聖職者の責任を強調しました。

米国シティ・オブ・レフュージ教会のノエル・ジョーンズ牧師は「聖職者はイエスの真理を伝える召命の真正性、真実性、信頼性の価値を下げてはならない」と訴えました。そして、「他人のために自分を犠牲にする真の愛を通じて私たちは人種間の葛藤、暴力、経済格差、環境問題などに対する解決策を見出すことができる」とし、「個人、家庭、社会、国家、世界が真の愛を中心に一つになる時、人類は希望に満ちた明るい未来を期待することができる」と述べました。

エクアドルのクリソストムス・セリ東方正教会大主教は、教会と家庭が共同して果たす役割について言及しました。「家庭は単に個人の集合ではない。家族の一人ひとりは根本的に共生の関係で、共に成長する共同体だ」と説明。「各家庭が基本的な義務を果たせるように、教会は家庭と協力して教育、信仰と価値観の形成、社会への適応などを支援している」とし、「家庭は社会の基盤組織として社会と関わり、公益の追求に重要な役割を担うべきだ」と述べました。そして、「家庭がなければ、教会も国も存立できない」と訴えかけました。