「多文化交流フェスティバルIN TOKYO 2017」開催

東京・目黒区の会場で10月9日、「始めよう!国際交流 つなげよう!世界の絆」をテーマに「多文化交流フェスティバル in TOKYO 2017」(主催:同実行委員会、協力:UPF-Japan、YSP-Japanなど)が開催されました。このフェスティバルは国際交流活動を推進する団体が連携し、多文化共生社会の促進を目的に企画されたものです。3回目の開催となった今年は17カ国の駐日大使館(駐日韓国大使館文化院含む)が後援したほか、当日は600人以上が参加しました。

フェスティバルは「スモールワールドひろば」「ファミリーコーナー」「多文化交流ステージ」の3つのパートで構成されました。

メインプログラムが行われた「多文化交流ステージ」では、オープニング・セレモニーの冒頭、元駐ネパール大使の水野達夫実行委員長(=写真上)があいさつし、「北朝鮮問題などで日本の平和、安全が脅かされるなか、このような国際交流のイベントを通じて平和の文化を醸成し、私たちの平和への思いを示すことがとても重要。ぜひこのイベントが、参加した皆さんの心を一つにするものとなるよう期待する」と語りかけました。

また、後援した大使館を代表して、西アフリカ、トーゴ共和国のセダミヌ・アフォニョン・クアク臨時代理大使(=写真上)が祝辞を述べました。セダミヌ臨時代理大使は、「こんにちは!」と日本語で聴衆に呼びかけたあと、同フェスティバル開催の意義について、「多様な文化と触れ合うこのような機会を通じて共生社会は実現されていく。文化交流を楽しむことで、文明への理解と対話が可能になる」と強調しました。また、当日は「体育の日」の祝日であることにも触れながら、「2020年の東京オリンピックが迫っているが、このフェスティバルはオリンピックがもつ『最善の価値とパフォーマンスの実践』『多様性の中の統一』『未来への連結』といった目的と共通している」と述べました。

その後、各国の音楽や舞踊などのパフォーマンス、多文化トークショー、ワールドクイズ、海外支援活動の報告、各国の挨拶を学びながら交流するスタンプラリーなど多彩なプログラムが行われ、参加者を楽しませました。フィナーレでは、会場全体で「Because of Love」を合唱し、多文化共生社会の実現と平和への思いを一つにしました。

このほか、「スモールワールドひろば」では大使館、NPO、NGO、ボランティアグループなど18の団体がブースを出展(=写真下)し、活動紹介や物品販売が行われました。「ファミリーコーナー」では、世界の遊びやゲーム、マジックなどが随時披露され、会場は親子連れの笑いや歓声に包まれました。

コソボ共和国の展示ブース
UPFも展示ブースを出し、活動をPRしました!