国連「国際家族デー」記念行事として開催

東京都の渋谷〜世田谷エリアを結ぶ国道246号を家族で清掃するプロジェクト「ファミリークリーンラリー246」が今年も行われ、平和大使やその家族など約80人が参加しました(=写真上)。南東京平和大使協議会、UPF-Japanなどの共催で行われた同プロジェクトは、国連「国際家族デー」(5月15日)の記念行事として位置づけられています。

初夏を思わせる陽気となった4月28日、集合場所となった世田谷公園で開会式が行われました。

冒頭、主催者を代表してあいさつした杉田善忠・南東京平和大使協議会議長は、「今日の天気のように晴れわたった気持ちで、日頃あまり交流のない世代の参加者とも積極的に交流しながら、平和実現のため、『家族』の意味を再考する良い機会にしてほしい」と参加者を激励しました。

地域を代表して参加した区議会議員のあいさつに続いて、UPF-Japanの荒瀬和紀事務次長が国連「国際家族デー」の意義や、今年のテーマである「家族と包摂的な社会」について説明しました。

この中で荒瀬事務次長は、「平和で包摂的な社会の実現を謳うSDGs(持続可能な開発目標)の16番目のゴールを実現するため、家族が果たしている役割の重要性を見直し、そのための家族政策を推進する必要がある」と述べ、毎年継続するこのプロジェクトがその趣旨を推進する意義深い活動になっていることを強調しました。

その後、参加者は渋谷方面と三軒茶屋(世田谷)方面に分かれ、国道246号沿いの歩道をそれぞれのゴール地点に移動しながら、投げ捨てられたゴミを拾い集めました。ゴール地点に到着した参加者が手にしたゴミ袋には、拾った空き缶やペットボトル、吸い殻などでいっぱいになりました。

親子や友人などを連れ添って活動した参加者は交流を楽しみながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、気持ちの良い汗を流しました(=写真下)。