記事の詳細

 10月11日、北海道人格教育協議会が発足し、札幌市内の会場で発足式が開催されました。
 
 「人格教育の研鑽と普及に努め、教育再生の柱となり、国家と世界に貢献する人材育成に役立つ事業を模索し展開する」ことを目的に発足した同協議会は、これまで10年間、谷口博・北海道平和大使協議会会長(北海道大学名誉教授)をはじめ、教職者など教育関係者を中心に懇話会を続けてきた内容を発展させたものです。
 
 発足式では、会長に山谷敬三郎・北翔大学学長補佐、副会長に加藤隆・名寄市立大学教授の就任が発表されました。
 
 来賓として参加した国会議員の祝辞に続き、矢吹恭一・平和学術フォーラム北海道顧問が激励の言葉を述べました。その後、堀展賢・世界平和教授アカデミー事務総長(平和学術フォーラム常任顧問)が「日本創造は霊性人格教育から」と題して記念講演を行いました。また、山谷会長が「人格教育の意義と課題」と題して講演を行いました。
 
 発足式前には、役員会、総会が開催され、役員と定款が全会一致で了承されました。

関連記事

ページ上部へ戻る

検索

ページ上部へ戻る